apple ID の分からない物は使えない

みなさんiphone をお持ちでしょうか。

iphoneを持っていなかったとしても、apple 製品の何かは持っていますよね。
このapple 製品に関しての注意点としてのメモ書きになります。

apple ID 入力 + iphone を探す オン

この設定をしておけば、とりあえず最強です。

まぁ最強という表現がアレですが。
今回、職場の倉庫に全く使われていないipad airがありました。(3年ほど前に購入したとのこと)
職場の共用のものとして買われたものと思われますので、ロック解除はできるのですが、
apple ID のパスワードが分からず、新しいアプリを入れたりなどができずかなり制限がかかった状態でした。

これに対して、初期化をすればいいのでは、と考えいろいろ調べてはみたものの
盗難対策としてのmac 製品は優秀です。全く太刀打ちができませんでした。

まず、itunes で初期化できるとのことなので、itunes がまだ残っている古いmac を使用して試みるのですが、結局 apple ID のパスワードが分からない+iphone を探すがオフにできないため、初期化は不可。

apple ID のメールアドレスはわかるのですが、もう退職した人のアドレスが登録されており、救出不可。

いろいろ調べていたのですが、apple ID を無効にできるアプリみたいなのがあるみたいなのですが、期間限定で無料。期間を過ぎれば、昔のapple ID が復活してくる。apple ID を無効にしているだけで、初期化したらダメ。=アプリにお金を払い続ければ、使用可能。

下取りに出す際も、apple ID をサインアウトしているか、iPhone を探すがオフになっているというのが重要で、そうでなければ買取価格が激落ちするらしい。確かに盗難した製品の場合、上記条件は満たすことができないため、この対策としては正しい。

apple サポートに問い合わせをするも、対応困難とのことでした。
apple サポート曰く、購入証明を示すことができれば、対応できる可能性があると言われました。
しかし、3年前の購入証明など残っているはずもなく、仲介業者さんに聞いたものの、書類は残っていないと言われてしまいました。

まぁ、apple としては盗難対策の方が重要になりますもんね。

勉強になりました。

そのため、このipad air はそっと職場の奥の棚に封印しておきました笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です