運転免許取り消し大阪で再取得

免許
////////////////////////// //////////////////////////

みなさん、免許取り消しになったことはありますか?

免停になることはよくありますよね。私のお父さんも免停になっていましたし、友達も何人かは免停になっていました。免停の場合30日免停か、60日免停かみたいな話をよくしましたよね。

その一段、上に、免許取り消しというのがあります。
私はそれを経験してしまいました。

しょうもない減点が重なり、免停になり、免停後の気を付けないといけない1年の最後の方に速度違反をやらかしてしまいました。
その後、免許取得までの道のりを書き記したいと思います。

////////////////////////// //////////////////////////

免許返納日の調整

まず、免取になることが分かっていたので、免許を返納しに行く日をすこし、先延ばしにしてもらう手続きをして、万全の態勢で免許を返納しました笑

その後、1年間の欠格期間を経て、

取消処分者講習を受講します。最速で免許を再取得したい方は、それまでに仮免許までは取得できるみたいなのですが、そこまで急いでなかったので、そのまま受講しました。受講料は30,550円となります

////////////////////////// //////////////////////////

免許取得方法は二択!
社会人に教習所通いは難しい

免許を取得する方法として自動車教習所に通って免許試験に臨んでも良いですし、試験所に行って一発試験を受けても構いません。

ただ、私は、産婦人科の後期研修中のため、教習所に通うのは不可能で、試験所で一発の試験をうけることにしました。

一発の試験は1回の超難関の試験をクリアすれば免許が手に入ると思われがちですが、全くそうではありません。笑

免許取得まで流れ

○仮免許取得まで

仮免学科試験  → 簡単。1回で合格するが、半日は潰される。

値段は、免許受験手数料(学科試験・審査)の 2900円 のみ

仮免技能試験 → これが最初の難関。光明池の試験所内を助手席に警察官の教官を乗せて試験になるのですが、免取になった人に対してはほんとに厳しい。

私は、前情報でヤバイことを知っていたので、

光明池の試験所の近くのいづみ自動車教習所というところで3時間練習してから、受験しに行きました。

5000円 ×3時間 合計15000円

万全の状態で受験したとしても

「あーお兄ちゃん。おしかったなー。あともう少しやったけどな。また次な」と何回言われたか・・・

結局、4回受けて受かりました。

免許受験手数料(2900円)+車両使用料(1450円) ×4回

合計4350円 ×4回 合計17400円

仮免許の取得   仮免許証交付手数料 で1150円

紙の仮免許証を発行するのにもお金がかかるんですよねー

これも高すぎるわけではないんですが、地味に取られるのがね笑

○仮免許取得後

本免学科試験  → これも簡単。1回で合格するが、半日は潰される。

受験手数料(学科試験・審査) 2550円


本免技能試験 →これが難しい
路上での試験になるのだが、大阪のおばちゃんやおじちゃん、さらには路駐と教科書に乗っていないことばかり、おばちゃんは教習車を見慣れているから、その前は横切り放題。
試験管も苦笑いしながら、「はい。出発地点戻ろうか。」の流れ‥‥

受験手数料2550円 + 車両使用料800円 ×3

私は、運よく3回目で、優しい人にあたり、合格できました。

合計 3350円 × 3回 合計10050円

免許証交付手数料 2050円

この辺になってくると、喜んでお金を払っていました笑

やっと免許が交付されるという喜びでいっぱいでした。2050円も地味ですよね笑

その後、特定教習11200円 を受講し(応急救護は医師のため免除)
やっと、普通免許取得に至りましたとさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です