マイクロ法人設立の際の懸念事項

マイクロ法人を作ろうと考えているということは前回、お話しさせていただきました。

特に私の場合、社会保険料を節約するために法人を作る意味合いが多いです。
それにあたって、懸念事項が出たので、その解決をここにまとめておきます。

おさらいですが、

来年の4月のタイミングで常勤を退職して、非常勤だけのフリーランスを目指しています。

退職後は、社会保険を今の保険の任意継続を行う予定だったんですが、私学共済は1年1日以上の在職期間が必要であり、私はちょうど1年で退職予定のため、このままでは、国保になってしまうという状況です。(妻と子供一人いるため、扶養の概念がない国保は高い)

そのため、マイクロ法人を設立して、社会保険料を抑える方法を考えています。

法人設立はいいのですが、もしこのさきに非常勤ではなく、再度常勤として働くことがあるかもしれないので、その点が懸念事項としてありました。

①別の医療法人に常勤として働いているが社会保険は、自分のマイクロ法人で社会保険を支払うことはできるのか?

回答:違法か合法かをおいといて、勤務している医療法人 が社保はいいよ~って言ってくれれば可能。

②法人の社会保険を一旦やめるというのは可能か?

回答:法人を休眠をして税金を払わない(最低限の均等割を払わない方法)というのがある。ランニングコストがほとんどかからなくなる。
法人を潰すという方法もあるが、手続きが煩雑であり、めんどくさい。

③最初は法人への事業所得がなくても大丈夫か?

回答:銀行借入とかが必要ないなら赤字は全く問題なし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。