胆石症

青木先生のオートファジーダイエットをするにあたって、一応注意点として胆石がありましたので調べてみました。

結論から言うと、そんなに気にする必要はないかと思います。笑

////////////////////////// //////////////////////////

胆石の特徴「5F」

胆石と言えば、5Fと言って、胆石になりやすい人の特徴を覚えています。
5Fとは、「Female(女性), Fertile(多産), Fat(脂肪), Fair(白人), Forty(40代)」になります。

研修医の時の外科研修や消化器内科研修で、胆石、胆嚢炎を見たことはよくありました。産婦人科では胆石にはあまり出会わないと思っていましたが、後期研修医の間にも何例かの胆石の人に出会いました。
改めて、5Fは当たっていると感じました。

////////////////////////// //////////////////////////

胆石の有病率やリスク

胆石症の有病率は男女ともに年齢とともに増加し、
女性と男性でそれぞれ50歳と60歳頃にプラトーに達する。

女性の方が有病率が高い

50歳未満では男性の2~3倍ほど。
50歳以上では男性の2倍弱であるが、有病率は女性の方が高い。

妊娠すること自体がコレステロール胆石の発生のリスク
妊娠は、胆汁組成の質的変化と胆嚢排出の遅延の両方に関連しており、どちらも結石形成を促進する。さらに妊娠の数とともにリスクも増加する。

肥満もコレステロールの合成と分泌の促進が原因となるため、注意である。

具体的なリスク
急激な体重減少 (ゆっくり痩せる分には問題なし) :1か月あたり1.5 kg未満

薬剤による誘因
フィブラート製剤
セフトリアキソン
エストロゲン製剤 (経口はリスク上がる。経皮であればOK)

保護
ナッツ、
コーヒー、
運動

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です